2015年09月26日

健康のために必要とされる条件

中国最古の医学書とされる「皇帝内経ー素問」の言葉を今日はご紹介します。

昔の人は鳥や獣と一緒に自然の中で暮らし、寒い時には体を動かして寒を避け、暑い時には物陰に入って涼を取り、内的には感情のもつれなく、外的には立身出世の欲望もない。
生活がこのようであれば、外邪が人体に入りこむこともなく、薬物で体内の邪を除いたり、鍼やメスで外邪を追い払ったりする必要もない。
したがって昔の治療は、精神的暗示を与えて気分を変えるだけでも病気は治ったのである。
ところが今の世の中はそうではない。精神的な憂虚は内臓を損ない、過労は肉体を蝕んでいる。
また四季の自然に従わず、寒暑の養生法に逆らっているのだから、賊風、虚邪に侵されて、内は五臓脊髄まで傷害し、外は耳目口鼻肌肉皮膚を損なう。したがって、病が軽くても治りがたく、大病であれば助かる見込みもない。
(移精変気論篇第十三)

「移精変気論篇第十三」の今の世とは、今から二千年以上昔のことです。
いつの時代も健康のために必要とされる条件は同じなんですね。
posted by おはじき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書物より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。